理系大学院生の彼氏との恋を上手に長続きさせるコツ




こんにちは、坂名ねこです(❁´ω`❁)

大学院生の彼に片思い中、もしくは付き合い始めたよ!というあなたなら薄々感じていると思いますが…

大学院生って、一般的なサラリーマンとはちょっと違う時間を生きている生きものですよね(゚ω゚)

特に理系の大学院生は平日でも土日でもいつも忙しそうだったり、昼夜逆転生活を送っている人もいます。

友達や知り合いに大学院生がいれば慣れているかもしれませんが、そうでなければ大学院生の生態は社会人の彼女にとっては謎だらけ!

今回は、そんな謎に包まれた大学院生の彼と、いつまでも上手に仲良くに過ごすコツをご紹介します😊

デートの日時は、彼の都合に出来るだけ合わせてあげよう

そんなの当たり前じゃん!

というか、お互いの都合をすり合わせて予定立てるに決まってるじゃん!

そう思うかもしれませんが、実験が忙しい期間の場合は、彼からこんなことを言われる場合があることを覚えておいてください。

「今週末はデートできると思うけど、何時に行けるかはっきり分からないから、当日時間がわかったら連絡するね」

なんということでしょう……日にちは決まっても待ち合わせ時間が不明のままデートの日を迎えることになります(゚ω゚)

でも、彼からこう言われたとしても、怒ったり機嫌を損ねたりしないであげて下さい。

 

理系の大学院生は、レポートや論文のために日々実験に勤しんでいます。

実験を仕込んでから結果が出るまでの間の数時間しかデートが出来なかったり、その日の実験がうまくいくかどうかによって、デートができるか出来ないかが左右されることもあります。

私の彼のように生物系を扱う大学院生は、土日も関係なく生き物のお世話をしなければならない期間だってあります。

彼ももちろんあなたとデートしたいんです……でも、当日実験してみないと何時に解放されるか分からないこともあるのです!😭

ですから、彼が「実験があって、何時に待ち合わせできるか予定が立たなくて…」と申し訳なさそうに言ってきたら、

「私と実験、どっちが大事なの!?」と拗ねたりせずに、

「いいよ、何時に来られるかわかったら連絡してね、実験頑張ってね!」と優しく受け止めてあげてください。

デートの日はいつでも待ち合わせ場所に行けるよう、デート以外の自分の予定も柔軟にしておくとGoodですよ!

美味しくて栄養バランスのいい食事を作ってあげよう

実験や論文やゼミで忙しい一人暮らしの大学院生の食生活は、乱れまくっています。

忙しい時期には、昼は菓子パン1つ、夜も遅いからラーメン屋さんや牛丼テイクアウト、もしくはカップラーメンみたいな不摂生な生活をし始めます。

そんな食生活、彼の健康や体調が心配になりますよね( ;∀;)

そこで!お家デートの日は、ぜひお肉や野菜のバランの取れた、美味しい手作りごはんを作ってあげてください。

凝ったものじゃなくていいんです。

ほかほかの白いご飯に、お味噌汁、メインのおかず1品に、ちょっとした副菜1品。

それだけでいいんです!

私の彼のらくだ君は、「わ〜!久しぶりに野菜食べた〜!」とか「このおかず美味しい〜!」とか言いながらニコニコして美味しそうに食べてくれます。

あなたの彼も、大好きな彼女の手料理、きっと喜んでくれますよ☺

時間に余裕のあるときは、一緒にご飯を作るのも楽しいですね❤

彼の研究内容に興味を持ってみよう

あなたの彼は、大学院でどんな研究をしていますか?

IT技術とか、医薬品についてとか、生き物の生態についてとか、専門知識のない私たちからしたら話を聞いてもチンプンカンプンですよね笑

でも難しい研究内容でも、彼女が興味を持ってくれたら、あなたの彼はきっと分かり易いように噛み砕いたり例えを使ったりして説明してくれるはずです。

「でも、詳しくもないのに、いろいろ聞きたがって説明させて、面倒臭いと思われたりしないかな…」なんて思っていませんか?

大丈夫です!✨

自分の得意な事に興味を持ってくれて、それってどんな事?詳しく知りたい!教えて欲しい!と言われて、彼は悪い気はしないはずですよ( ´ ▽ ` )

むしろ、男の自尊心をくすぐられて得意げになってくれます

そして、彼の研究している内容が何となくでも分かると、毎日のニュースやSNSで見かける情報の中に、彼との共通の話題が見つかるようになります!

「今日ニュースでこんな研究の話やってたよ!すごいね!」

「Twitterで見たこの記事、好きそうだなーと思って!読んでみて〜」

などなど、共通の話題が増えると会話のネタも自然に増えて、彼との距離がグッと縮まります❤

ひたすらに研究に打ち込む研究者である彼にとって、自分の研究を理解して応援してくれる彼女の存在は、かけがえのない大切なものです。

彼の研究に興味を持って、理解して受け止めて、彼のことを精神的にも支えてあげましょう!

お互いに「ありがとう」の気持ちを忘れずに

あれ、これって理系大学院生との恋愛に限らず、人と付き合うなら当たり前の「大事なこと」なんじゃないの?

その通りです!

ここまで色々と大学院生と上手く付き合うコツを書いてきましたが、社会人のあなたも、大学院生の彼も、人間です。

恋をして、付き合うようになって、その関係を長く続けるために必要なのは、何より「ありがとう」の気持ちです!

  • 忙しいのに、時間を作ってデートしてくれてありがとう。
  • 美味しい料理を作ってくれてありがとう。
  • お皿を洗ってくれてありがとう。
  • お風呂上がりのタオルを出しておいてくれてありがとう。
  • 美味しいご飯屋さんを探してくれてありがとう。
  • 買い物の荷物をいつも持ってくれてありがとう。

付き合ってるなら、お互い好きなら、このくらいしてくれて当たり前?

いいえ、当たり前ではありません。

そんなのやってくれて当たり前でしょ?と思ってしまった時点で、その恋愛は長続きしないでしょう。

「ありがとう」と言われたら誰でも嬉しいですよね。

嬉しいから、また次もやってあげようと思う。

「ありがとう」と言った顔が可愛いから、もっと好きになる。

どんなに相手のことが好きでも、人は感謝や見返りのないことをいつまでも無償でしてあげることはできません。

小難しい恋愛テクニックとか、彼にもっと愛されるコツ!とかは二の次でいいんです。

お互いに素直に「ありがとう」と言える関係を続けることが、あなたと恋人との関係を長く続けるための何よりのコツです!

さあ、照れ臭い気持ちを振り払って!

今日からさっそく、「ありがとう」の魔法を使ってみてください!

 

あなたと彼の絆が、もっともっと深まるように願っています☺







コメントを残す