初心者でも可愛く作れる!ハーバリウム作りの体験教室に行こう




こんにちは、坂名ねこです(❁´ω`❁)

皆さん、ハーバリウムって知っていますか?

透明な液体が入ったガラスの瓶の中に、綺麗なお花がディスプレイされているあれです。

お洒落な雑貨屋さんに並んでいたり、インスタの投稿に並んでいるのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。

坂名ねこ
こんなの自分で作れたらいいのにな〜!

実は、自分で作れちゃうんです。

しかも、初心者でも簡単に!!✨

とはいえ、初心者が道具や材料を自分で全て揃えるのはお金も掛かりますし、大変です。

自分だけのオリジナルハーバリウムを作りたい!という初心者さんは、ぜひ体験教室を活用しましょう!

最近はハーバリウムが女性の間で流行っていますので、ネットで調べれば、地域の体験教室がすぐに出てくるはずです😊

 

今回は、ハーバリウム超初心者の私が、ハーバリウム作り体験教室のレポートをお届けします!

まずは、ハーバリウムについての注意点から

体験を始める前に、まずは先生からハーバリウムについての注意点を教えて頂きました。

使用するミネラルオイルは可燃物!誤飲にも注意しましょう

ハーバリウムの瓶の中に入っている透明な液体は、ミネラルオイルといいます。

化粧品やベビーオイルにも使われているオイルで、肌に触れても害はありませんが、オイル=可燃物です。

ミネラルオイルの引火点は250℃とかなり高く、消防法上も非危険物ではありますが、完成品を飾ったり自分で制作するときは、火元の近くは絶対に避けましょう!!

また、ミネラルオイルは無味無臭のサラサラのオイルのため、飲み物と間違えないよう注意しましょう!

誤って飲んでしまうと、下痢や嘔吐などの症状が出るそうです。

特に、小さな子どもやペットの手の届くところには置かないようにしたいですね。

航空輸送は出来ません

せっかく可愛いハーバリウムが出来たし、離れたところに住んでいる家族や友達、恋人に贈ってあげたい!と思う方もいるかも知れませんね。

でも注意したいのが、ハーバリウムは可燃物のオイルを使用しているため、航空便では送れないということです。

間違って航空便を使う配達業者で配送してしまうと、積み込みを拒否されて送り返されてしまいます(;_;)

大事な人に素敵なハーバリウムを届けたいときは、陸上輸送か海上輸送を利用しましょう。

補足
 航空便での輸送は不可能ですが、自分で手荷物として旅客機に乗ることは可能ですよ! 

生花を保存することはできません

ハーバリウムで使うお花は、ドライフラワーやプリザーブドフラワー、フェイクフラワー(造花)です。

水分をたくさん含んでいる生のお花をオイルに漬けてハーバリウムにしてしまうと……?

腐ります。

生モノなので、たとえオイルに漬けて酸素に触れないようにしたとしても腐ってしまうので、お庭から取ってきたままのお花や、花屋さんで買ってきた切花はそのまま使わず、ハーバリウム用に販売されている、水分を含んでいないお花を使いましょう!(;_;)

お花の美しさは、永久保存はできません

出来上がったハーバリウムを見ていると、まるで標本のようで、瓶の中だけ時間が止まっているようで、永久にその色や美しさを閉じ込められたような気持ちになります。

ですが、お花の色が褪せるのを止めることは出来ません。

置いておく環境にもよりますが、1年ほどでオイルに徐々に色が溶け出して、全体的に真っ白く透けたような色になってしまいます。

ちょっと寂しいですが、瓶の中に美しさを閉じ込めても、時間とともに色褪せることは止められないなんて…退廃の美しさを感じてしまいますね。

退色の主な原因は紫外線
窓辺で光を浴びてキラキラ輝くハーバリウム…なんて、とっても綺麗ですよね!

でも、花の色を出来るだけ長く保ちたいのであれば、出来るだけ日光の当たらない場所に飾るようにしましょう。

光を浴びてキラキラする花もいいですが、太陽の元では美しさを保てないなんて、繊細で儚げで、それもまた魅力的です。

いざ、ハーバリウム作り体験!

私が友達と参加した体験教室は、受講人数7人の少人数制でした。

人数が少ないと先生に質問をしたりアドバイスを頂きやすいので、初心者としては安心してハーバリウム作りに挑戦できますよね!

さて、今回のコース内容は、受講料¥3,500(税別)ハーバリウム2つ(小瓶・大瓶 各1本)を作れるというものでした。

瓶は写真のように四角く長いものから、丸いもの、フラスコのような三角すいの形のものなどがあり、自分の好きな形の瓶を選ぶことができます•̀.̫•́✧

最初に用意されていた道具は、こちらの3点!

  • ハサミ(花の茎の長さを切って調整します)
  • 長いピンセット(花をつまんで、瓶の中に入れます)
  • 下敷きのシート(この上で作業を行います)

 

材料を選ぼう!

先生から簡単な手順を教わったら、早速ハーバリウムの主役、色とりどりのお花たちを選びましょう( ´ ▽ ` )

私が小さい瓶用に選んだお花がこちら!

出来るだけイメージに近い配置で瓶に入れるために、先に作業シートの上で配置を組んでおきます。

赤く着色したかすみ草に一目惚れしました。細くてプチプチしてて繊細な造形の物体に目がありません😍

黄色いのは着色した紫陽花ですが、これは最後にオイルを注ぐと透明になってくれます!

そして、大きい瓶用に選んだお花がこちらです!

着色したかすみ草乱用しています…笑

大きい瓶は海の中をイメージして作りたかったので、サンゴや海綿をイメージして濃い青色のモジャモジャを取り入れてみました!

実はこのモジャモジャ、モスといって、苔の一種を着色したものなんです。

それから、可愛い小さな貝殻もいくつか配置してみました。海感がグッと出て嬉しくなります✨

なんと!ハーバリウムには植物以外のものを入れてもオッケーなんです!

貝殻の他にも、乾燥させた赤い木の実やドライフルーツのオレンジの輪切りなども用意されていましたが、私も他の受講者の方達も、どれを使おうか、どんな配置にしようか、かなり時間をかけて迷っていました笑

可愛いお花や材料を前にして迷っている時間が一番楽しかったかも知れません(❁´ω`❁)❤

瓶の中に材料を入れていこう!

ハーバリウム作りの作業の中で、これが一番大事なんですが…一番難しくて緊張します!

カラカラに乾いているお花は軽いので、適当に入れてしまうと、オイルを注いだ時にプカ〜と浮いてきてしまったり、理想の場所で留まってくれずに想像と違う仕上がりになってしまいます。

そうならないために、紫陽花やかすみ草などの複雑な形のものを絡み合わせて、その隙間に浮かんでしまいやすい花びらや茎付きの花を挟んだり差し込んだりするのです!

この絡み合わせが難しい!!(>_<)

お花はピンセットで瓶の中に入れるのですが、瓶の口が狭いので、なかなか思うように配置できません…。

坂名ねこ
ああああ、そこに差したんじゃないのに〜!

あっ!その向きじゃないよ〜!! 💦

ってなります(^_^;)

なんとか試行錯誤して、理想に近い配置に入れられました!

最後にオイルを入れる前に、浮いてしまいそうなパーツはないか、先生にチェックして頂きましょう。

いよいよ最後の作業、ミネラルオイル注入です!

これは難しい作業ではありませんが、パーツが浮かんだり離れたりせずにちゃんと留まってくれるか、ドキドキの瞬間です!

同時に、いよいよ完成する〜!✨というワクワク感も味わえますよ😊

お花に直接ミネラルオイルが掛からないように、瓶の縁に沿うようにそっと流し込みましょう。

オイルを瓶の上部の角まで流し込んだら、気泡が抜けるまで蓋は開けたままにしておいてくださいね。

 

さて、完成した私のハーバリウムがこちらです!

一緒に行った友達の作品と並べて、記念写真も撮りました(❁´ω`❁)

私のハーバリウムは、空間も活かしたいなーと考えながら作ったらこんな感じになりました。

逆に友達のハーバリウムは、瓶の中に可愛いをぎゅっとたくさん詰め込んだ感じですね!可愛い!❤

同じ作り方でも、作る人によってこんなにも個性が出るんですね〜!

他の受講者さんたちも、森の中から切り取って来たようなメルヘンな作品や、ブライダル会場に飾ってありそうなおしゃれな色合いの作品や、大人っぽくてシックな作品など、それぞれの個性や好みが表れた素敵なハーバリウムが完成していました✨

あなたも、自分だけのハーバリウムを作ってみませんか?

いかがでしたか?

初めてのハーバリウム作り体験教室でしたが、私はとっっっっっっても満足でした!!

可愛いお花に触れていると癒されますし、自分の手で綺麗なものを作り出せるって、日常生活の中ではなかなかできない幸せな体験だと思います(❁´ω`❁)

それに、出来上がった作品を持ち帰ってお部屋に飾ると、生活の中にも非日常の癒しがやって来た感じがします!

雑貨屋さんに売っている既製品よりも、自分で作った作品だと愛着も湧きます。うちの子って感じでかわいいです。

ちなみに私は、食卓テーブルに飾って楽しんでいます😊

あなたも、あたなだけの可愛い可愛いうちの子ハーバリウムを作ってみませんか?

今回お世話になった教室さんはこちら

いろいろお稽古教室 multicolore(ムルティコロール)

講師:幸坂 彩子 先生

教室ホームページ:http://multicolore.style

教室では、今回参加させて頂いたハーバリウム作り体験以外にも、デコレーションアート教室やドール教室、プリザーブドフラワー教室など、いろいろな手作りクラフトの教室を開講しています!

ぜひ一度、ホームページを見てみてくださいね(❁´ω`❁)







コメントを残す